Logo日本通信株式会社
個人のお客さま
個人のお客さま
法人のお客さま
法人のお客さま
企業情報
企業・IR情報

佐賀県の教育システムに対する不正アクセスの脅威

業種
全業界
対象サービス
佐賀県の教育システムに対する不正アクセスの脅威

モバイル専用線で、VPNセッションが確立するまでのセキュリティの心配が無用です。デュアルネットワークによって、海外オフィスとのやりとりや海外出張時のコストも削減できます。

  • 記事タグ
  • セキュリティ
  • WiFi

導入ネットワーク例

社員の外勤や在宅ワークの際、社内ネットワークへのセキュアなアクセスが求められる。社内イントラへのアクセス手段として、最も一般的なのがVPNであるが、VPNはセッションが確立するまでのセキュリティが確保されていない。

日本通信のモバイル専用線であれば、エンドツーエンドのセキュリティが担保される。また、米国でも日本通信無線専用線がそのまま使えるため、出張時でもコストを気にすることはない。

この事例に利用されているソリューション

 アクセス制限

限定された接続先にしたり、接続元のIPアドレスを限定することにより、安全なアクセスネットワークを構築します。許可されないネットワークからの不正なアクセスを防止します。

詳しく見る

 営業端末タブレット化支援

営業端末、検索端末、決済端末をタブレットに置き換え、料金を抑えたシステムで再構築。タブレットからのアクセスをセキュアにする事により、かさばる書類を持ち運ぶ必要がありません。

詳しく見る

セキュアモバイルソリューション 類似の事例

 デジタルカタログによる、営業支援ソリューション

外勤の営業担当者や店舗の販売員向けタブレットであれば、必要に応じてインターネットも利用できるVPN接続による高速通信がお薦めです。WiFiネットワークなどへの社員の勝手なアクセスを禁止することもできます。

詳しく見る

 商品検索・在庫管理・受発注システム導入

書籍や衣服等の商品管理、商品検索用タブレット導入も、LTEのモバイル専用線で、高速で高セキュリティな環境が手軽に導入できます。

詳しく見る