Logo日本通信株式会社
個人のお客さま
個人のお客さま
法人のお客さま
法人のお客さま
企業情報
企業・IR情報
IoT時代に向けネットワークのモバイル化・無線化はもはや必須事項。たとえば、ISDN時代の既存の設備を損なうことなくIoT時代にフィットした無線ネットワークへ移行など、お客様のIoTに関するご要望がはっきりしていない場合でも、お気軽にご相談ください。

コスト削減

現在のISDN回線を維持するコストが半額程度になり、コスト削減に直結します。多額の維持費がかかる光回線に移行する必要はありません。

レイアウトフリー

有線のネットワークを無線にすることで、場所や距離の制約がなくなります。移動体にも応用でき、設置や敷設の自由さは群を抜きます。

オーダーメイド

お客様の通信の利用方法にあわせ、様々な通信ソリューションを組み合わせられます。セキュリティの高いデータを保護したり、データ量が少ないIoTに対し低料金なプランを提供できます。

スピーディな移行

既存の施設を大規模に変える工事は不要です。御社が利用中の施設を大きく変えることなく、スピーディに無線にすることが可能です。また、ネットワーク工事自体も小規模に済むので移行費用が低額で済みます。

様々なノウハウ

MVNOを世界に先駆け、実現した当社だからできる無線化・モバイル化のノウハウを保持しています。無線化に伴う様々な課題をスペシャリストが解決します。

高度なセキュリティ

モバイル専用線の技術特許を保有し、他社にはできないモバイルでの専用線構築技術があります。ATMで採用実績がある世界最高クラスの無線セキュリティを提供できます。

無線でも安心の安定性

メインで利用中の無線ネットワークにもしもの障害があった場合でも、サブの無線ネットワークを使える安心の冗長性ネットワークを構築可能です。

金融・ATM

POS管理システムやレジの入出金管理・ファームバンキングにISDN利用のシーンがあり、中期的には廃止されることが決まっています。それらのネットワークを新しい無線ネットワークへと生まれ変わらせます。米国金融機関にも採用された実績の無線ネットワーク構築のノウハウがあります。

工場

本部と工場をつなぐネットワーク、各種センサー、計測機器の状態を通信をするための機器はISDN時代の回線になっていることも少なくありません。それらの機器を損ねることなく、資産として活かしながら最新の無線ネットワークに再構築することが可能です。

インフラ

各地の気象情報や河川の監視、過疎地域の監視など、社会インフラの維持と管理のために通信ネットワークを無線にして、少子高齢化社会でも耐えうることができるスマートなネットワークの導入を相談させてください。

監視システム

ビルのメンテナンスや警備システム、農業用の気温センサーや遠隔地との様々な観測データのやりとりなど、通信ネットワークを無線ネットワークにすることにより、距離を気にすることなく柔軟なネットワーク構築が可能となります。

IoTのモバイルネットワークに関するご相談をお待ちしております。