Logo日本通信株式会社
個人のお客さま
個人のお客さま
法人のお客さま
法人のお客さま
企業情報
企業・IR情報

日本通信、京セラ製「PocketCosmo」用6ヶ月間使い放題の通信サービスを開発

No56
2002年12月18日

日本通信、京セラ製「PocketCosmo」用6ヶ月間使い放題の通信サービスを開発
- 日本通信の定額・使い放題のワイヤレス通信サービス「b-mobile」と 京セラのJAVAを高速実行できる次世代PDA「PocketCosmo」のパッケージを 12月18日(水)より法人向けに販売開始 -

日本通信株式会社(本社:東京都品川区、社長:三田聖二)は、京セラのPDCA(パーソナルデジタルコミュニケーションアシスタント)「PocketCosmo(ポケットコスモ)」専用の低価格・定額・使い放題のサービス「b-mobile for PocketCosmo」を開発しました。
「PocketCosmo」と「b-mobile for PocketCosmo」とのセットでの販売となり、日本通信と京セラ両社の法人向け販売チャネルや直販ルートを使って企業ユーザーに販売するほか、JAVA PDAコミュニティサイトの 「jpda.jp」 でも12月18日(水)より先行販売致します。

日本通信の「bモバイル・プリペイドサービス」は、「1年間/6ヶ月間インターネットつなぎ放題のワイヤレス通信料・インターネットアクセス料と、専用PHSデータカード」が一括となったサービスで、2001年12月より販売を開始しこれまでに15,000台以上の販売実績があります。今回は、京セラのPocketCosmo専用の通信サービスとして低価格・定額・使い放題のサービスを新たに開発しました。使い放題の期間は6ヶ月(185日)間、データカードはCFタイプとなり、PocketCosmoのワイヤレス通信にのみ使用できる仕様となっています。
PocketCosmoは、実行環境としてJava VM(Java Virtual Machine/Java専用に開発された仮想マシン)に、Tao Group Limited(タオ・グループ・リミテッド)の組み込み型アプリケーション「intent(インテント)」を採用しています。OSには、intentとの互換性に優れた同じTao Group Limitedが開発した「Elate(イレート)」を搭載し、少ないメモリでJavaプログラムを高速実行できる新しいPDAを実現しています。機能としては、使いやすさをワンランクアップした日本語入力機能、128bit SSLなどセキュリティに対応したインターネットブラウザ機能、マルチアカウントに対応したメール機能に加え、汎用性の高い添付ファイル閲覧機能も併載。京セラの次世代PDCA「PocketCosmo」は最先端ビジネスツールとして、今までにない付加価値の高いビジネス環境を創出するフロントエンド端末です。
これまで企業ユーザーは、モバイル通信サービスの利用に際しては通信キャリアと直接契約する必要があり、PDA等のモバイル機器と一括で購入することは難しい状況でした。またPDA等のモバイル機器販売側にとっても、モバイル通信サービスを自社のハードと組合せて企業ユーザーに届ける仕組みがありませんでした。今回のセット販売により、モバイル通信とPDAを組合せて提供することが可能になります。企業ユーザーは、モバイル利用に欠かせない通信サービスを別途通信キャリアと契約する必要もなく、ワンストップで手にすることが可能になります。
PocketCosmoにはあらかじめb-mobileがセットアップされていますので、ユーザーは面倒な通信初期設定やドライバーなどのインストールをすること無しに、カードを挿すだけで即座にモバイル通信を始めることが可能です。また、ワンクリックでインターネット接続ができる「簡単インターネットアクセス機能」を標準搭載し、Javaアプリケーションを個別企業のニーズに合わせてカスタマイズ作成し提供することも可能です。

日本通信は、日本初のMVNO(Mobile Virtual Network Operator=仮想移動体通信事業者)として、2001年10月より「bモバイル・データサービス」の名称で法人向けにデータ通信サービスの提供を行ってきました。bモバイル・データサービスは、DDIポケットのPHS網を利用したパケット通信方式によるEnd to Endのデータ通信専用サービスです。企業ユーザーはノートPCやPDAに接続されたデータ通信カードにより企業のイントラネット又はインターネットへのアクセスが可能となります。日本通信と顧客企業との接続には、専用線だけでなくVPNや広域LAN接続も用意しています。
また、2001年12月からは「bモバイル・プリペイドサービス」の名称で一般個人/法人向けに同様のネットワークを利用して「定額・使い放題」のインターネット接続サービスの提供を行っています。
日本通信は、今回のセット販売を機に「ハード機器への“通信組み込みタイプ”のサービス」の開発を加速させます。
*b-mobileサービスは、DDIポケット株式会社のパケット通信ネットワークを利用しています。主力商品であるU100シリーズは、理論値最高32kbps(下り)の通信を提供する電波を、電波状況や通信量により最大4波までを同時に利用するマルチリンク方式の通信方式と、独自のWebアクセラレーター/メールブースターを使用することで、100kbps超の体感速度(Usability)を実現しています。

<販売開始日>

2002年12月18日(水)より

<販売目標>

年間50,000パッケージ販売を目標にしています。

<パッケージ内容>

-「PocketCosmo」
-「b-mobile for PocketCosmo」6ヶ月間通信サービス
   (185日間インターネットつなぎ放題のデータ通信料・インターネットアクセス料、専用CFタイプPHSデータカード込み)

<販売価格>

オープン価格
*2003年1月5日(日)までは期間限定・新発売キャンペーン特別価格 79,800円(税別)
(JAVA PDAコミュニティサイト 「jpda.jp」 にて販売)

<通信サービス更新>

1年間分の通信サービスの更新ライセンス(365日間インターネットつなぎ放題のデータ通信料・インターネットアクセス料込み)を用意します。
*「PocketCosmo」専用更新ライセンスの購入が必要となり、一般の更新ライセンスEX-U100などは利用できません。

<販売チャネル>

日本通信・京セラ各法人営業部、販売代理店
JAVA PDAコミュニティサイト 「jpda.jp」( http://www.jpda.jp/ )

添付資料

<bモバイル・サービス・システム図>

イメージ

<b-mobileデータカード>

イメージ

<PocketCosmoについて>

イメージ
型式名 DS-HN1
OS Elate (Java VM:int e nt)
JAVA Personal Java 1.2
ブラウザ(SSL対応) HTMLブラウザ
CPU Intel Strong ARM (SA1110 206MHz)
メモリ ROM:40MB(フラッシュメモリ) RAM:32MB(SDRAM)
液晶表示 3.5型カラー反射型TFT液晶(240×320ドット)
65,536色対応 タッチスクリーン付き /フロント照明
インターフェース CF TypeIIカードスロット、シリアルI/F、ヘッドホン端子
バイブレータ 内蔵
操作デバイス サイドコントローラ、ESC(エスケープ)キー、電源キー
電源 メイン電源:リチウムイオン充電池(充電時間:約3時間)
動作時間 メイン電源:約10時間(PIMアプリケーション動作時で、フロントライトは動作時間の50%で点灯した時)
サイズ (W)x(D)x(H) 78×17.5×108mm(突起部を除く)
質量 約169g(スタイラス/ダミーカードを除く)
付属品 クレードル(PC接続ケーブル含む)、ACアダプタ、スタイラス、 ソフトケース、 CD-ROM、取扱説明書、保証書
接続可能なパソコン OS:Windows98以上でUSBポートをサポートしているパソコン

■日本通信について

社名: 日本通信株式会社(大証ヘラクレス市場:9424)
代表者: 三田聖二(代表取締役社長)
資本金: 47億5,197万円
設立: 1996年5月24日
事業内容:
  • ●日本初のMVNO(Mobile Virtual Network Operator=仮想移動体通信事業者)
  • ●法人向けセキュアイントラネット接続サービス、ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)サービスなどを「bモバイル・エンタープライズ」の名称で展開
  • ●「bモバイル・プリペイドサービス」の名称で一般個人向け「定額・使い放題サービス」を展開
  • ●第二種通信事業者として唯一、法人向けに携帯電話音声・データサービスと課金・請求・回収サービスを提供

*b-mobile 及びb-mobile ロゴは日本通信株式会社の登録商標です。
*PocketCosmoは京セラの株式会社の登録商標です。
*Javaは米国およびその他の国における米国Sun Microsystems, Inc.の商標または登録商標です。
*その他記載されている会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。