Logo日本通信株式会社
個人のお客さま
個人のお客さま
法人のお客さま
法人のお客さま
企業情報
企業・IR情報

定額ワイヤレス通信bモバイル・プリペイドサービスで、家庭内にブロードバンド導入済のユーザー約1,000万人向けに“Bb’-mobile”シリーズを6月20日より新発売

No16-2003
2003年6月4日

日本通信(株)、定額ワイヤレス通信bモバイル・プリペイドサービスで、 家庭内にブロードバンド導入済のユーザー約1,000万人向けに “Bb’-mobile”シリーズを6月20日より新発売

-従来の24時間つなぎ放題のU100/50シリーズに加え、ラインアップがより充実 -

日本通信株式会社(本社:東京都品川区、社長:三田聖二)は、PHSパケット通信ネットワークを活用するbモバイル・プリペイドサービスの新シリーズとして、「7時から21時の時間限定で、1年間定額つなぎ放題のワイヤレス通信サービス」を“Bb’-mobile(ビービーモバイル)”シリーズの名称で6月20日(金)より新発売します。今回発売となるのは、マルチリンク通信方式※1のBb’100-721と、シングルリンク通信方式※1のBb’50-721の2商品です。

Bb’-mobileシリーズは、「家ではADSLや光ファイバーなどのBB(ブロードバンド)通信環境を整えていて、日中の外出時もモバイルでインタネット環境を維持したいというユーザー」に向けたサービスです。内容的には、「CFタイプPHSデータカードと、7時から21時の時間限定で1年間インターネットつなぎ放題のデータ通信料/ISP料」がパッケージになったサービスで、面倒な通信/ISP契約や手続きなしでパッケージ購入と同時にワイヤレス・インターネットが利用できます。また、従来から販売中の「24時間、定額つなぎ放題のサービス」U100/U50シリーズで好評をいただいている増速ソリューションのWebアクセラレーターやメールブースター、簡単/快速コントロールツールbアクセスなども標準仕様として提供されます。

日本通信の執行役員 福田尚久はBb’-mobileシリーズの発表にあたって「bモバイル・プリペイドサービスは順調に売上を伸ばしており、24時間つなぎ放題のU100シリーズを中心に販売台数は約1年半で15,000台を越えた。一方で、総務省発表の『インターネット接続サービスの利用者数等の推移』によるとADSLなどのブロードバンドユーザー数は1,000万人に達しようとしている(2003年4月末現在)。また、情報通信白書(平成13年版)に掲載された『ブロードバンド利用動向調査』からは『ブロードバンドユーザーのうち12.4%がモバイル・ノートPCを所有し、 43.8%が購入をのぞんでいる』となっており、モバイルのニーズはここ1、2年で一段と高まっている。今回のBb’-mobileシリーズは『家では常時接続のブロードバンドを導入していて、家を離れている間もインターネット環境とつながっていたい』という方をターゲットとして絞込み、外出時間帯にあたる7時から21時という時間帯限定の商品とした。価格については、オープン価格ではあるが、店頭売価でBb’100-721で6万円程度、Bb’50-721で4万円程度になるであろう。カード代金込みの月々の利用料はそれぞれ5,000円、3,300円くらいの計算になる。」と話しています。

日本通信は日本初のMVNO(Mobile Virtual Network Operator=仮想移動体通信事業者)として、DDIポケットのPHSパケット通信網を利用して2001年10月より「bモバイル・データサービス」の名称で法人向けにデータ通信サービスの提供を、また2001年12月からは「bモバイル・プリペイドサービス」の名称で一般個人向けに同様のネットワークを利用して「定額・使い放題」のインターネット接続サービスの提供を行っています。
また、bモバイル・ユーザーの利便性を更に拡げるために、通信事業各社が提供するブロードバンド・ワイヤレス通信が可能な公衆無線LANサービスとの「無線LANローミングサービス」をNTTコミュニケーションズが全国で展開する「ホットスポット」を皮切りに、理経、JR東日本/日本テレコム、JR東海/NTT ME、みあこネットと推進しています。

※1 bモバイルのPHSパケット通信サービスは、DDIポケット社のパケット通信ネットワークを利用しています。Bb'50-721は理論値最高32kbps(下り)のシングルリンク通信方式で、bモバイル独自のWebアクセラレーター/メールブースターを利用することで50kbps超の体感速度(Usability)を実現します。また、Bb'100-721は、理論値最高32kbps(下り)の通信を提供する電波を最大4波まで同時に利用するマルチリンク方式の通信方式とWebアクセラレーター/メールブースターを利用することで、100kbps超の体感速度(Usability)を実現します。

<Bb’100-721 / Bb’50-721の仕様・詳細について>

発売日: 2003年6月20日(金)
販売価格: オープン
パッケージ内容: ・CFタイプPHSデータカード(PCカードアダプター付き)
・7-21時の時間限定1年間(365日間)つなぎ放題のマルチリンク方式データ通信料<Bb’100-721>/同シングルリンク方式データ通信料<Bb’50-721>
・1年間(365日間)ISP料
・セットアップCD(簡単/快速コントロールツールbアクセス、メール増速ツールVenus他)
・ステップガイド(セットアップガイド、紙ベース)
サービス仕様: ・ DDIポケット株式会社パケット通信方式
・ インターネットアクセス
対応OS: Windows
95/98/Me/2000/XP/NT4.0/CE 3.0以上
Macintosh
8.5/8.6/9.0/9.1/9.2/10.1.5/10.2
通信カード
(BMH10C-J)仕様:
外形寸法:43.0mm×59.0mm×5.0mm
Compact Flash TypeII準拠
重量:約20g
使用電源:DC5V/3.3V共用(カードスロットより供給)
平均消費電流:約200mA(マルチリンク通信時) 約150mA(シングルリンク通信時)
制御コマンド:ヘイズATコマンド準拠
通信エリア: DDI ポケット通信ネットワークを使用
※「無線LANローミングサービス」は現状では行えません
bモバイル独自機能対応OS
OS Windows MacOS
バージョン 95 98 Me 2000 XP NT4.0 CE 2.0 CE 2.1 CE 3.0 8.5~9.2 10.1.5 X 10.2
Webアクセラレーター ○(注1) ○(注1)
メールブースター - - - - - -
bアクセス(注2) - ○SE以上 - - - - - - ○/-(注3)

(注1)WindowsCE2.0および2.1ではプロキシ設定の出来るブラウザーのみアクセラレーターが対応しています。
(注2)bアクセスは現在Windows版Internet Explorer5.5 SP2以上対応となります。
(注3)Bb'100-721同梱のbアクセスはMacOSXに対応していますが、Bb'50-721同梱のbアクセスは対応しておりません。
継続可能な更新ライセンス: ・マルチリンク721・6ヶ月更新ライセンス(予定価格 27,000円)
・シングルリンク721・6ヶ月更新ライセンス(予定価格 18,000円)

添付資料

【bモバイル・サービス・システム図】

bモバイル・サービス・システム図
※Bb'100-721/Bb'50-721では「無線LANローミングサービス」は行えません

【bモバイル・データカード/パッケージ写真】 プリント用画像はこちら

【Bb’100-721】
イメージ
イメージ
CFカード&アダプター パッケージ写真
【Bb’50-721】
イメージ
イメージ
CFカード&アダプター
パッケージ写真

【bモバイル・プリペイドサービス・ラインアップ体系】

イメージ

■日本通信について

社名: 日本通信株式会社(大証ヘラクレス市場:9424)
代表者: 三田聖二(代表取締役社長)
資本金: 15億円
設立: 1996年5月24日
事業内容:
  • ●日本初のMVNO(Mobile Virtual Network Operator=仮想移動体通信事業者)
  • ●法人向けセキュアイントラネット接続サービス、ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)サービスなどを「bモバイル・データサービス」の名称で展開
  • ●「bモバイル・プリペイドサービス」の名称で一般個人向け「定額・使い放題サービス」を展開

※b-mobile 及びb-mobile ロゴは日本通信株式会社の登録商標です。「ホットスポット」はNTTコミュニケーションズ(株)の登録商標です。