Logo日本通信株式会社
個人のお客さま
個人のお客さま
法人のお客さま
法人のお客さま
企業情報
企業・IR情報

法人向け定額ワイヤレス通信bモバイル・サービスで「セキュア増速サービスを新たに提供

No22-2003
2003年7月1日

日本通信(株)、法人向け定額ワイヤレス通信bモバイル・サービスで 「セキュア増速サービス」を新たに提供

- 法人ユーザーのワイヤレス通信の様々な増速ニーズに対応 -

日本通信株式会社(本社:東京都品川区、社長:三田聖二)は、PHSパケット通信ネットワークを活用した法人向けbモバイル・データサービスの新オプション・サービスとして、「セキュア増速サービス」を月額1,000円(1ID当り、初期費用、サーバー代別途)で7月14日(月)より提供を開始します。
セキュア増速サービスは、米国のITベンチャー企業のバイトモバイル社(Bytemobile,Inc.会長:Hatim Tyabji、所在地:米国カリフォルニア州マウンテンビュー)が有するモバイル通信の最適化技術のライセンスを受けて、日本通信が独自に提供する増速サービスです。企業内での導入が進んでいるグループウェアのLotus Notes(ロータス・ノーツ)やMicrosoft Exchange(マイクロソフト・エクスチェンジ)をはじめ、添付ファイル付きの電子メールなど様々なデータを圧縮・伸長して増速を行うサービスです。また最近、セキュリティー強化の一環として企業での利用が増しているEnd-to-End VPNに対しても、セキュア増速ソリューションはサーバーを各企業内に設置するシステムですので増速が可能です。
日本通信とバイトモバイル社は1年前より日本の法人顧客に向けたサービスの開発を続けており、bモバイル・データサービスの既存顧客の一社でのテスト導入においても大きな増速効果を確認しています。

日本通信の執行役員 福田尚久はこの「法人向けセキュア増速サービス」の発表にあたって「今回のサービスは『定額PHS通信の料金でW-CDMAなど3G並みのスピード』を目指した。その背景としては、これまで行ってきた企業との商談の中で、ワイヤレス化への最大のポイントの一つがデータ通信のスピード・パフォーマンスということが分かってきた。当たり前の話であるが、企業内システムをモバイル環境においてもオフィスと同様に使いこなせることが求められている。日本通信はそういったご要望にお応えするためにこれまでもWebアクセラレーターやメールブースターといった増速技術をいち早く導入してきた。が、法人ユーズを考えたときには、Webやメールだけでなく多くの企業で採用が進んでいるNotesやExchangeでの増速ニーズにもお応えできるようにと、バイトモバイル社とのパートナーシップのもとセキュア増速サービスを新たに提供する。
今回のソリューションはデータの圧縮はもとより、TCP及びアプリケーションレベルでのプロトコルのワイヤレスとしての最適化を行っていることも大きな増速につながっている。また、End-to-End VPNにも対応したサービスであることも大きなポイントである。
日本通信はワイヤレス通信において法人、個人向けマーケットを問わず、更なる増速サービスのリーダーを目指します。」と話しています。

日本通信は日本初のMVNO(Mobile Virtual Network Operator=仮想移動体通信事業者)として、DDIポケットのPHSパケット通信網を利用して2001年10月より「bモバイル・データサービス」の名称で法人向けにデータ通信サービスの提供を、また2001年12月からは「bモバイル・プリペイドサービス」の名称で一般個人向けに同様のネットワークを利用して「定額・使い放題」のインターネット接続サービスの提供を行っています。
また、bモバイル・ユーザーの利便性を更に拡げるために、通信事業各社が提供するブロードバンド・ワイヤレス通信が可能な公衆無線LANサービスとの「無線LANローミングサービス」をNTTコミュニケーションズが全国で展開する「ホットスポット」を皮切りに、理経、JR東日本/日本テレコム、JR東海/NTT ME、みあこネット、フリースポットと推進しています。

<法人向けセキュア増速サービスの仕様・詳細について>

提供開始 2003年7月14日(月)
販売価格 月額利用料1,000円/ID
初期費用3,500円/ID
(*)セキュア増速サービス用サーバーは別途用意する必要があります。
またbモバイルデータサービスの通信費用等は別途必要です。
販売条件 1社当り100ID(ユーザー)以上
(*)100ID以下の場合も状況により対応

添付資料

【セキュア増速サービス・システム例】

セキュア増速サービス・システム例

【bモバイル・サービス・システム図】

bモバイル・サービス・システム図

【パフォーマンス向上例】

MS Outlook Exchangeで、ユーザーが10通の電子メールをダウンロードして同期処理する場合の実験データ。(Bytemobile社資料より)
イメージ

【bモバイル・データカード写真】

イメージ

Bytemobile,Inc.   会社概要
代表者 Hatim Tyabji (取締役会長)
資本金 $44M(約52億円)
設立 2000年7月
事業内容
  • モバイル通信事業者及び企業向けモバイルIPデータ通信の最適化ソリューションの開発及び販売・サポート
  • 米国、ヨーロッパ、及びアジア太平洋州(日本を含む)で事業を展開

■日本通信について

社名: 日本通信株式会社(大証ヘラクレス市場:9424)
代表者: 三田聖二(代表取締役社長)
資本金: 15億円
設立: 1996年5月24日
事業内容:
  • ●日本初のMVNO(Mobile Virtual Network Operator=仮想移動体通信事業者)
  • ●法人向けセキュアイントラネット接続サービス、ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)サービスなどを「bモバイル・データサービス」の名称で展開
  • ●「bモバイル・プリペイドサービス」の名称で一般個人向け「定額・使い放題サービス」を展開

※b-mobile 及びb-mobile ロゴは日本通信株式会社の登録商標です。「ホットスポット」はNTTコミュニケーションズ(株)の登録商標です。