Logo日本通信株式会社
個人のお客さま
個人のお客さま
法人のお客さま
法人のお客さま
企業情報
企業・IR情報

iPhone専用プラチナサービスの申し込み受付開始

2010年8月31日

日本通信、iPhone専用プラチナサービスの申し込み受付開始

日本通信株式会社(以下、「日本通信」という)は、本日18時より、ドコモ網でアップルのSIMフリー版iPhone4を快適に使えるマイクロSIM製品「talking b-microSIM (トーキング・ビーマイクロシム)プラチナサービス」の一般受付を、日本通信の専用Webサイト(www.bmobile.ne.jp/sim_tm/)にて開始しますので、お知らせいたします。

日本通信では8月6日より、マイクロSIMの優先リザーブメール受付を開始するとともに、多くの皆様から「iPhoneをドコモ網のエリアとスピードで使いたい」というご要望をいただきました。日本通信は、皆様のご要望にお応えし、「思いきり快適にiPhoneを使いたい」をコンセプトに、iPhone4用プラチナサービスを開発しました。

現在、日本においては、iPhoneを2台目としてご利用の方が多く見受けられますが、ドコモ網のエリア、iPhone4のバッテリー性能を考えると、iPhone4用プラチナサービスであれば、iPhone1台にして、2台を持ち歩く必要もなくなります。さらに、iPhone4用プラチナサービスは、テザリング機能を提供していることから、モバイル型ノートPCからどこでもインターネットを利用するために、PC用データ通信端末を持ち歩く必要もなくなります。即ち、iPhone4用プラチナサービスは、3回線のモバイル契約を1本に集約できる、賢約サービスなのです。

iPhone4用プラチナサービスを利用して、メールやwebは勿論、YouTubeやマップ、アプリのダウンロード他、思いのままにエンジョイしてください。どんなにご利用いただいても定額データ通信は5,280円、これに通話サービス基本料980円(1,050円分の通話料を含む)がセットされ、月額基本料6,260円でご利用いただけます。

日本通信の代表取締役社長三田聖二は次のように語っています。
「世界で最高のモバイルインターネット製品を、世界で最高のモバイルネットワークでご利用いただきたい、この思いから実現したのが iPhoneプラチナサービスです。2台目iPhoneを卒業して、自分のメイン携帯としてiPhone4を手にしてください。PC用モバイルネットワークの解約もお忘れなく。」

プラチナサービスは、8月26日より順次、優先リザーブの方々にご案内してまいりましたが、本日18時より、一般受付を開始いたします。

なお、iPhone4本体は、ソフトバンクモバイルが販売するものにはSIMロックが掛けられているため、ユーザは通信を選ぶことができませんが、現時点において以下の国のアップルストアにて、SIMフリー版が販売されています。

イギリス、アイルランド、スイス、ノルウェー、イタリア、カナダ、デンマーク、フランス、オーストラリア、シンガポール、ニュージーランド、香港 (アップルのホームページを基に当社調べ)

iPhone専用プラチナサービスに関する詳細は、以下のURLをご参照ください。
http://www.bmobile.ne.jp/sim_tm/

※プラチナサービスは、iPhone専用です。
※「FOMA」は、NTTドコモの登録商標です。
※表示価格は全て税込みです。
※製品の仕様および価格等は予告なく変更になる場合があります。製品に関する詳細は、
http://www.bmobile.ne.jp/ をご参照ください。

[PDFファイルPDF 115KB]

■日本通信について

社名: 日本通信株式会社(大証ヘラクレス市場:9424)
代表者: 三田聖二(代表取締役社長)
設立: 1996年5月24日
事業内容:
  • ●MVNOのパイオニアとして、MVNEおよびMVNO事業を展開
  • ●インフィニティケアの名称で法人向けデータ通信サービスをEnd to Endで提供
  • ●bモバイルの名称でインターネット接続商品を提供
  • ●通信電池のコンセプトで機器組み込み型通信サービスを提供
  • ●MVNO向けに、モバイル・ネットワーク、技術、ノウハウ等を提供

* インフィニティケア、bモバイル及び通信電池は日本通信株式会社の登録商標です。文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。*記載されている内容は、発表日時点の情報です。