Logo日本通信株式会社
個人のお客さま
個人のお客さま
法人のお客さま
法人のお客さま
企業情報
企業・IR情報

日本通信、新機軸でプライスリーダー再獲得 - デバイス別サービスSIMプラットフォームの活用事例第一弾 -

2013年12月17日

日本通信、新機軸でプライスリーダー再獲得 - デバイス別サービスSIMプラットフォームの活用事例第一弾 -

b-mobile4G WiFi3日本通信株式会社は、MVNOデータ通信市場のプライスリーダーSIMを開発し、b-mobile4G WiFi3ルーターにプリセットした「b-mobile4G WiFi3 Happyパッケージ」を新発売します。価格は23,715円[税別、以下すべて税別表記]で、12月21日(土)より、イオン、ヨドバシカメラ、アマゾン及びb-mobile取扱販売店にて販売開始いたします。本商品にプリセットされるSIMは、昨日発表したデバイス別サービスSIMプラットフォームを活用した第一弾で、月々3GBまでLTE高速通信が使え、3GB使用後は200kbpsで使い続けられる、今日のデータ通信市場におけるプライスリーダーを再獲得します。


b-mobile4G WiFi3は、同時に10台までインターネット接続ができ、LTEの3バンド(2GHz/1.5GHz/800MHz)に対応したWiFiルーターです。このスペックを最大限いかすため、たっぷり3GBまで使えるLTE高速データ通信を用意しました。しかもSIMの用途をWiFi3に絞ることで、月額通信料金1,560円というダントツの安さを実現。2年間の総支払い額をみても一目瞭然で、デバイス別サービスSIMプラットフォームを活用するとパフォーマンスを強化して値段を下げることができるのです。

<ご参考:MVNO市場 データ通信の月額通信料金>
比較表

b-mobile4G WiFi3 Happyパッケージは購入後、オンラインでサインアップすることで、インターネットを使いはじめることができます。1ヶ月間無料、2ヶ月目からは3GB1,560円でインターネットが使える上、2年契約の縛りもありません。

b-mobile4G WiFi3 Happy パッケージは、Happyシーズン限定で日本通信がいち早くお届けする特別なパッケージです。

日本通信は今後も、お客さまにますますモバイルデータ通信を利用してもらうため、MVNO事業モデルの発明会社としてお客さま視点でサービスを提供し、MVNOのあるべき姿を提示してまいります。

<ご参考:デバイス代込みの2年間実質支払い額>
比較表
製品に関する詳細は、以下のURLをご参照ください。
http://www.bmobile.ne.jp/wifi3/

※表示価格はbマーケット直販価格です。

■日本通信について
1996年5月24日、日本通信は新たなモバイルサービス事業のあり方を提示するため生まれました。それから13年の歳月を経て、2009年3月、NTTドコモとの相互接続により「MSO事業モデル」を完成させました。総務省の携帯市場のオープン政策のもと、メーカー、流通、ソフトウェア・デベロッパーの皆さまがキャリアに依存することなくビジネス展開ができるよう、パートナー企業の皆さまのビジネス形態に合わせて携帯通信を最適化しご提供しています。ネットワークを効率的に運用する当社独自の先端技術やリアルタイムの認証技術などによって、ユニークな通信サービスをつくりだしております。自社b-mobileブランド製品をお客さまに提供するMVNO事業、及びメーカーやインテグレータ他のパートナー企業に提供するMVNE事業を展開しています。
MSO=Mobile Service Operator

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。
記載されている内容は、発表日時点の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。