Logo日本通信株式会社
個人のお客さま
個人のお客さま 個人の方
法人のお客さま
法人のお客さま 法人の方
企業情報
企業・IR情報 企業IR

日本通信、月額190円からiPadで使えるSIMを新発売 ― 使っていないソフトバンクのSIMロックiPadも甦る ―

2017年12月6日

日本通信、月額190円からiPadで使えるSIMを新発売
― 使っていないソフトバンクのSIMロックiPadも甦る ―

PDF形式はこちら

日本通信株式会社(以下、「当社」という)は、2017年12月8日(金)より、月額190円からご利用いただける「b-mobile S 190 Pad SIM」を提供開始いたします。1GB単位で使った分だけお支払いいただける「おかわり課金方式※1」で、無駄な固定費がかからないプランです。

b-mobile S 190PadSIMパッケージ画像

b-mobile S 190 Pad SIMは、今お使いのiPadでもご自宅に眠っている解約済みのiPadでも、Wi-Fi + Cellularモデルであれば、ソフトバンクのSIMロックがかかっていても、かかっていなくても全てのiPadでご利用になれます。もちろん、SIMフリーのiPad、ドコモやauのSIMロックをはずしたiPadでもご利用いただくことができます。

月額基本料は100MBまでの高速通信が含まれ190円[税別、以下すべて税別表記]。100MBを超えるご利用は1GBまでが540円、その後1GBあたり350円で10GBまでご利用になれます。

b-mobile S 190 Pad SIMは、1GB単位で使った分だけお支払いいただける「おかわり課金方式」なので、3GBプランにしようか、5GBにしようかとプラン選択に頭を悩ます必要がありません。しかも毎月の維持費が190円で済むので、普段はWi-Fiだけどたまに外で使いたい方、まったく使わない月がある方、たまに持ち出す時にはしっかり使う方にもぴったりです。

ソフトバンクのiPadであれば、SIMロック解除不要なので、例えば解約して使っていないiPadをLINE専用機※2にして、遠くに住むおじいちゃんやおばあちゃんにプレゼントすることもできます。毎日メッセージを300回、写真2枚をやりとりしても月額190円、写真をダウンロードして目いっぱい使っても月額3,690円(Max 10GB)です。

当社が提供するソフトバンクのiPad用SIMは、iPhone用SIMと同様に業界トップクラスの高速通信性能を誇り、ソフトバンク以外のお客さま、すなわちSIMフリーのiPadをお持ちの方々、あるいはドコモやauのiPadのSIMロックを外したお客さまの購入が増えています。使った分だけお支払いいただく「おかわり課金方式」によって、お客さまが増えても常に安定した高速性能を継続的に提供していきます。

当社は今後も、良質なサービスをリーズナブルな料金でご提供できるようチャレンジしてまいります。

ソフトバンクのb-mobile Sに関する詳細は、順次、以下のURLにて公開してまいります。
http://www.bmobile.ne.jp/sb/index.html


※1 「おかわり課金方式」: 携帯事業者及びMVNO事業者の一般的な課金方式は、現在、一定量の高速データ通信と使いきった後の低速通信として提供されています。例えば、7GBの高速データ通信でXXX円という料金プランです。しかし、お客さまが実際に使う量が7GBということはなく、1GBだったり3GBだったりします。この場合、7GB分の料金を払っていても、1GBとか3GBしか使わないため、事業者側にとって最適な料金となっているのです。日本通信はこの料金プランの考え方とは大きく異なる課金方式として、「おかわり課金方式」を提供しています。1GB単位で使った分だけ課金することで、使わない分まで支払う必要がない料金プランです。

※2 新規にLINEアカウントを作成される場合の認証は、携帯電話やFacebookアカウントとの連携をご利用ください。

※SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。※文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■日本通信について

日本通信は 1996年5月24日、モバイルが実現する次世代インターネットを活用して日本の次世代経済の基盤を構築する総務省の方針を実現する会社として設立されました。当社ビジネスモデルはのちにMVNOと命名され、2009 年3月、総務省の携帯市場のオープン政策のもとNTTドコモとの相互接続を実現しました。これにより「格安SIM」が生まれ、携帯事業者以外から携帯通信(SIM)が買える市場が誕生しました。次は、携帯電話以外の産業が、自社サービスにモバイルを組み込み、産業全体がモバイルを活用し成長する番です。MVNO ルールメーカ、世界初のMSEnabler としての強い技術ビジョンと高い遂行力によって、日本発の経済創出の一翼を担うべく次世代プラットフォームの構築に取り組んでいます。東京、米国コロラド州およびフロリダ州、アイルランドダブリンに拠点を置き、東京証券取引所市場第一部に上場(証券コード:9424)しています。当社のコーポレートガバナンスのポリシーとして、社外役員が 過半数で、全社外役員は独立役員です。