Logo 日本通信株式会社 個人のお客さま 個人のお客さま 法人のお客さま 法人のお客さま 企業情報 企業・IR情報

サービス向上

医療機器の遠隔保守

医療機器と保守センター間の通信をISDNで行っているが、ISDN廃止に伴いIDSNと同等の低コストで保守ネットワークを構築したい

課題・目的・
背景

  • 医療機器と保守センター間の通信をISDNで行っているが、2024年以降ISDNが順次廃止される
  • IDSNと同等もしくは低コストの通信で保守の通信を構築したい

ご提案と導入の
メリット

  • ドコモ/ソフトバンクの携帯電話網を利用し、IPネットワーク上でデータのやり取りを実現
  • 2SIMルーターを利用することでネットワークの可用性を向上させ、安定した保守環境を提供

ソリューション構成例

構成例
  • 医療機器システムに2SIMルーターを設置し、ドコモ網とソフトバンク網の両方が使えるようにする。
  • 2SIMルーターと保守拠点間をVPNで結び、監視システムから医療機器システムの状況が得られるようにする。
  • 日本通信と保守拠点間は固定回線のIP-VPN網で接続する。

このソリューションに利用しているサービス

「サービス向上」と同カテゴリのソリューション

お問い合わせ

お電話
法人向けモバイルソリューション担当

03-6435-9430

平日10:00〜12:00 13:00〜17:00
お問い合わせフォーム お問い合わせフォームへ