Logo日本通信株式会社
個人のお客さま
個人のお客さま
法人のお客さま
法人のお客さま
企業情報
企業・IR情報

日本通信、無線LANスポットを使い放題にサービスを拡大

No36-2003
2003年12月10日

日本通信、無線LANスポットを使い放題にサービスを拡大

―bモバイル「U100シリーズ」をPHSデータ通信定額・使い放題 に加え、無線LANスポットも使い放題にサービス内容を改訂― ―無線LANスポット数を年内3,000ヶ所以上※1に拡大、国内4分の3をカバー-

日本通信株式会社(本社:東京都品川区、社長:三田聖二)は、無線LANスポットとPHSパケット通信を活用した定額ワイヤレス通信「bモバイル・プリペイドサービス(以下、bモバイル)」の「U100シリーズ」をPHSデータ通信の定額・使い放題に加え、国内最大の3,000ヶ所以上※1の無線LANスポットも使い放題にサービス内容を改訂し、12月10日(水)から同サービスを開始します。

bモバイルは、国内最大の3,000ヶ所以上※1(国内で提供される無線LANスポットの約4分の3)の高速な無線LANスポットを利用できます。また、無線LANスポットを利用できない場所でも、人口カバー率95%のPHSデータ通信サービスを利用し、いつでもどこでもインターネットに接続することが可能です。
また、bモバイル独自の無線LAN/PHS統合コントロールツール「bアクセスWiFi※2」を利用すれば、無線LAN事業者ごとに異なるESS-ID、WEPキー、ユーザーID、パスワードなどの複雑な個別設定や個別の契約をすることなく、ワンクリックで無線LANとPHSを切替え、簡単にインターネットに接続することができます。

U100シリーズは、「定額・使い放題マルチリンク方式※3PHSデータ通信料+ISP料+PHSデータカード」がパッケージになっており、これまでは、有料の無線LANスポットを1日利用(24時間使い放題)する場合、プリペイドサービス期間2日間と相殺する「ネットワーク等価交換方式」を採用していました。今回、サービス内容を改訂することにより、U100シリーズのユーザーは新規、既存ユーザー共に、国内最大の3,000ヶ所以上※1の無線LANスポットをPHSデータ通信同様に使い放題で利用可能です。
U50C、Bb’50-721、Bb’100-721の新規、既存ユーザーも、キャンペーンとして12月10日から2004年3月31日までの期間限定で無線LANスポットを使い放題で利用できます。(ただし、b-marketでのU50C、Bb’50-721、Bb’100-721の1ヶ月更新プランでは無線LANスポットサービスを利用いただけません)

<改訂前>U100シリーズサービス <改訂後>U100シリーズサービス
定額・使い放題マルチリンク方式※3PHSデータ通信料+ISP料+PHSデータカード

定額・使い放題 無線LANスポット利用料+マルチリンク方式※3PHSデータ通信料+ISP料+PHSデータカード

日本通信の執行役員 福田尚久は今回の発表にあたって、「国内の無線LANスポットは増えてきたがまだ限定的である。また、事業者ごとに契約が異なり、設定も複雑である。この2つの課題について、国内最大の3,000ヶ所以上※1の無線LANスポットをbモバイルのユーザーとして追加の契約なしに利用できるようにし、ワンクリックでインターネットに接続できる無線LAN/PHS統合コントロールツール「bアクセスWiFi※2」を提供してきた。特にこのツールは、無線LANに「接続できる」「接続できない」を一目で確認でき、ご利用になるエリアでどの無線LANスポットに接続可能か一覧で表示されるため、簡単でわかりやすいと好評を得ている。これらの取組みにより無線LANスポットを利用するユーザーが増えてきた。今回は、モバイルのオピニオン・リーダーである約2万人の『U100シリーズ』のユーザーに実際に無線LANスポットをご利用いただき、一人でも多くの方に利便性の良さを体感して欲しいと考え無線LANスポットの使い放題を開始した。今後は、ユーザーが本当に必要とする場所にアクセスポイントを設置できるよう意見を反映していくことで、無線LANサービスの革新的存在でありたい。」と話しています。

日本通信は日本初のMVNO(Mobile Virtual Network Operator=仮想移動体通信事業者)として、DDIポケットのPHSパケット通信網を利用して2001年10月より「bモバイル・データサービス」の名称で法人向けにデータ通信サービスの提供を行っています。また2001年12月からは「bモバイル・プリペイドサービス」の名称で一般個人向けに同様のネットワークを利用して「定額・使い放題」のインターネット接続サービスも開始しました。
さらに、bモバイル・ユーザーの利便性を更に拡げるため、通信事業各社が提供するブロードバンド・ワイヤレス通信が可能な公衆無線LANサービスとの「無線LANスポットサービス」をNTTコミュニケーションズが全国で展開する「ホットスポット」を皮切りに、理経、JR東日本/日本テレコム、JR東海/NTT ME、みあこネット、フリースポットと推進しています。

【背景説明】

モバイル通信の現状
  モバイル通信には3つの課題(1)通信スピードが遅い、(2)料金が高い、(3)使い勝手がわるく使いづらい があります。
日本通信のこれまでの取り組み
  (1)独自のWebアクセラレータ、メールブースターという増速ソリューションを提供し体感速度をアップしています。また、国内最大の3,000ヶ所以上※1でのブロードバンド利用が可能な無線LANスポットを利用できるようにしました。(2)「All in One」パッケージのプリペイド方式販売で余分なコストを省き、またブロードバンドユーザー向け7時から21時の時間限定Bb’-mobileシリーズなどを用意し、優れたコストパフォーマンスを提供してきました。(3)契約のいらない「All in One」プリペイド購入と、簡単でわかりやすい無線LAN/PHS統合コントロールツール「bアクセスWiFi※2」で、購入と同時にすぐにインターネット接続ができるようにしました。「bアクセスWiFi※2」は、無線LAN事業者ごとに異なるESS-ID、WEPキー、ユーザーID、パスワードなどの複雑な個別設定や個別の契約をすることなく、ワンクリックで無線LANとPHSを切替え、簡単にインターネットに接続することができます。

日本通信の今後の取り組み
  モバイルのオピニオン・リーダーである約2万人の『U100シリーズ』のユーザーに実際に無線LANスポットを利用してもらい、一人でも多くの方に利便性の良さを体感して欲しいと考えPHS使い放題に加え無線LANスポットの使い放題を開始しました。今後は、海外も含めて更にスポットを拡大していきます。

※1 2003年11月末現在では国内最大の2,264ヶ所。2003年12月末に3,000ヶ所以上を予定。
※2 Windows XPのみ対応。
※3 bモバイルのPHSパケット通信サービスは、DDIポケット社のパケット通信ネットワークを利用しています。U100/Bb’100シリーズは、理論値最高32kbps(下り)の通信を提供する電波を最大4波まで同時に利用するマルチリンク方式の通信方式とWebアクセラレーター/メールブースターを利用することで、100kbps超の体感速度(Usability)を実現します。U50/Bb’50シリーズは50kbps超の体感速度を実現します。

■日本通信について

社名: 日本通信株式会社(大証ヘラクレス市場:9424)
代表者: 三田聖二(代表取締役社長)
資本金: 15億円
設立: 1996年5月24日
事業内容:
  • ●日本初のMVNO(Mobile Virtual Network Operator=仮想移動体通信事業者)
  • ●法人向けセキュアイントラネット接続サービス、ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)サービスなどを「bモバイル・データサービス」の名称で展開
  • ●「bモバイル・プリペイドサービス」の名称で一般個人向け「定額・使い放題サービス」を展開

※b-mobile 及びb-mobile ロゴは日本通信(株)の登録商標です。「ホットスポット」はNTTコミュニケーションズ(株)の登録商標です。

【添付資料】

<U100シリーズ、無線LANスポット使い放題サービス概要>

サービス開始
2003年12月10日(水)
対象 U100シリーズの既存ユーザー及び新規ユーザー
利用方法 Webサイトから無線LAN/PHS統合コントロールツール「bアクセスWiFi」をダウンロードし、ユーザー名、パスワードをユーザー登録することで利用できます。
URL: http://www.bmobile.ne.jp/support/dl/download_baccess300.html
対応OS/ブラウザー OS: WindowsXP(日本語版/英語版)対応
ブラウザー: InternetExplorer5.5SP2以降
必要なハードウェア IEEE802.11b(Wi-Fi準拠)の無線LANカードと無線LANに対応したPC/PDA。もしくは同無線LAN機能を内蔵したPC/PDA。
※「U50C/Bb’50-721/Bb’100-721」の新規・既存ユーザーもキャンペーンとして2004年3月31日までの期間限定で利用できます。

<bモバイル、無線LANスポットサービス概要>

無線LANスポット
(bスポット)


NTTコミュニケーションズの「ホットスポット」、理経、JR東日本/日本テレコム、JR東海/NTT ME、みあこネット、フリースポットなどで、順次拡大中です。
利用可能な無線LANスポット情報は、bアクセスWiFiに付属する無線LANスポット情報リストで確認することが可能です。また下記のURLで、いつでもどこでも検索が可能です。
<PC版> http://bspot.dokoyo.jp
<携帯> http://bspot.dokoyo.jp/i (iモード、Vodafone live!)
bアクセス WiFi ・ 対象OS: WindowsXP(日本語版/英語版)対応
・ 対象ブラウザー: InternetExplorer5.5SP2以降
・機能:従来のbアクセスの機能(ワンクリック接続、Webアクセラレーター設定、電波強度確認、有効期限確認など)に「PHS/無線LAN統合コントロール」をメイン機能として追加し大幅バージョンアップ。bモバイルのローミング対象となる無線LANスポットが簡単に利用できます。また、「ユーザー定義」で登録すれば社内無線LANやホーム無線LANなども簡単に利用できます。
さらに、対応する無線LANスポット情報はbアクセスWiFiを利用してインターネット接続する度に、自動アップデートすることも可能です。
その他 ・IEEE802.11b(Wi-Fi準拠)の無線LANカードと無線LANに対応したPC/PDA。もしくは同無線LAN機能を内蔵したPC/PDAが必要です。
・ 利用には「ユーザー登録」が必要です。

【bモバイル・サービス・システム図】

イメージ図

【bモバイル・プリペイドサービス・ラインアップ体系】

イメージ図

【bアクセスWiFiの主な機能】

従来のbアクセスの機能(ワンクリック接続、Webアクセラレーター設定、電波強度確認、有効期限確認など)に「PHS/無線LAN統合コントロール」をメイン機能として追加し大幅バージョンアップ。bモバイルのローミング対象となる無線LANスポットが簡単に利用できます。また、「ユーザー定義」で登録すれば社内無線LANやホーム無線LANなども簡単に利用できます。

ボタンをクリックするだけで、簡単にインターネット接続。PCの通信設定に慣れていない方でも安心してご利用いただけます。

イメージ図 (上)無線LANは利用できない状態。
イメージ図 (中)無線LANがいつでも接続できる状態。
イメージ図 (下)無線LANに接続した状態。

イメージ図 ←ご利用の場所で接続可能な無線LANスポットのサービス名を表示。リストからご利用になりたいサービスを選択できます。

イメージ図 【bスポットリスト:bアクセスWiFi付属】
周辺にある無線LANスポットの詳細を検索。また下記のURLで、いつでもどこでも検索が可能です。
<PC版> http://bspot.dokoyo.jp
<携帯> http://bspot.dokoyo.jp/i (iモード、Vodafone live!)