Logo日本通信株式会社
個人のお客さま
個人のお客さま
法人のお客さま
法人のお客さま
企業情報
企業・IR情報

新幹線では無線LAN、出張先では3G 3G+WiFiを手軽に使えるチャージ式「Doccica」が新登場

No03-2009
2009年3月10日

日本通信、新幹線では無線LAN、出張先では3G 3G+WiFiを手軽に使えるチャージ式「Doccica」が新登場

日本通信株式会社(以下、「当社」という)は、日本全国をカバーするFOMA® 3Gネットワークと全国約15,000ヶ所のWiFiスポットを、カンタン便利に、かつ最安値*1で使うことができるチャージ式モバイルデータ通信、「Doccica(ドッチーカ)」を2009年3月23日(月)より販売開始いたします。

Doccicaは、最初に5,000円分の通信がチャージされているDoccica USB端末を14,800円で購入し、その後は、1,000円分、2,000円分等をオンラインでチャージして使用する製品です。通信料は1分10円となっており、2,000円分のチャージで200分使用できます。ノートPCユーザの多くは、既に家やオフィスにブロードバンドが入っているため、外出時等の限られた時間にインターネットをモバイル環境で利用したいと考えており、Doccicaは、このような方々に最適なインターネット環境をご提供します。

3月14日から始まる新幹線での無線LANサービスにも対応しているので、新幹線では無線LAN、出張先では全国カバーの3Gでインターネットといった使い方をご提案いたします。

当社は、昨年8月からドコモとのレイヤー3接続によりサービスを提供してきましたが、当初より要望していたレイヤー2接続が、いよいよ実現します。これにより、従来に増して飛躍的に多くのサービスを開発し、提供することが可能になります。しかも、レイヤー2接続により、通信帯域の使用効率の向上を図り、大幅なコストダウンを実現できます。その結果として、最安値でのサービス提供が可能となるものです。

チャージ式「Doccica(ドッチーカ)」は、ユーザーの視点からわかりやすい利用時間(分)を単位にし、カンタン便利にモバイル・ブロードバンドを提供する製品です。

特長1:Suicaのようにチャージする
Suicaカードを発行後は、たとえば、駅の自動券売機などで、Suicaを1000円、2000円、3000円分など選んでチャージすることができます。Doccicaも同様です。Doccica USB端末をご購入後、1000円、2000円、3000円分などからお選びいただき、通信利用ミニッツ(分)を端末にチャージすることができます。

特長2:固定系ワイヤレス・ブロードバンドのWiFiスポット(公衆無線LANスポット)
Doccicaでは、複数の公衆無線LAN事業者と契約していますので、Doccicaという同一サービス環境下で、外出先のカフェや出張先のホテルなど、全国約15,000ヶ所のWiFiスポットをご利用いただけます。
3月14日に開始となる新幹線内の無線LANサービスにも対応しているので、出張時に、新幹線ではWiFi、出張先では3Gで快適なインターネット接続をご提供します。

特長3:日本全国をカバーするFOMA® 3Gネットワーク
ドコモFOMA®ネットワークは、ハイスピード対応エリアが既に人口カバー率100%*2に達しており、エリア密度や通信品質において定評があります。Doccicaでは、日本全国をカバーするドコモFOMA®ネットワークをご利用いただけます。

Doccicaの使い方はとても簡単です。パソコンのUSBポートに、Doccica USB端末を接続するだけで、ドライバーや接続ソフトなどが自動的にインストールされます。インストールされるソフトウェア「bアクセス」は、現在いる場所が通信エリア圏内か圏外かを自動認識し、bアクセスの接続ボタンが電波状況をお知らせします。ユーザーは、3GやWiFiスポットなどバックボーンの認証の違いを意識することなく、ボタンをクリックするという同一操作で、簡単にインターネットへの接続や切断を行えます。

Doccicaのチャージも、bアクセスから行うことができます。チャージボタンをクリックすると、Doccicaのチャージ専用ページが表示されます。画面に従い、クレジットカードにて決済手続きしていただくと、チャージが完了します。

<Doccicaの料金プラン>
ドッチーカ端末 価格 時間(分) 有効期間
Doccica USB端末
14,800円 500分 90日
チャージプラン
1,000円 100分 60日
2,000円 200分 60日
3,000円 300分 60日
4,000円 400分 90日
5,000円 500分 90日
10,000円 1,000分 120日

WiFiスポットは1回の利用で30分減算となります。
チャージWebページからは、Doccicaの有効期間を、300円で30日延長することができます。
また、Doccicaチャージ(10,000円分)は、店頭でもお買い求めいただけます。

<簡単!開通手続き>
お客様の携帯電話またはPHSから専用番号にお電話していただき、自動音声ガイダンスに従い商品パッケージに記載の電話番号をダイヤルしていただくだけで簡単に開通手続きを行うことができます。

<bアクセスのスクリーンショット> <Doccicaのパッケージ>  
bアクセス ドッチーカパッケージ

発売日:3月23日(月)

全国の家電量販店、情報機器販売店、日本通信のオンラインストアなどで販売

bマーケット販売価格
14,800円(税込)

現在のモバイルデータ通信サービスの料金体系は、一般消費者にとって非常にわかりにくいプランとなっています。例えばデータ量を示すパケットやMB(メガバイト)といった単位は、一般ユーザーがインターネット利用度合いと結び付けることは極めて困難です。また、月額定額プランの場合、少しのインターネット利用でも上限に達し、利用しない月でも定額を払う必要があります。さらに、2年契約等によって、利用期間を拘束することも多くみられます。

Doccica USB端末は、店頭またはオンラインストアでお求めいただけ、購入する際の面倒な契約手続は一切不要です。Doccicaは、契約期間を縛ることも、契約の解約による解除料もありませんので、安心してご利用いただけます。

※Doccicaに関する詳細は、以下のURLをご参照ください。
http://www.bmobile.ne.jp/personal/doccica/

*1典型的なノートPCユーザを想定した場合。即ち家とオフィスにはブロードバンド環境が整っている利用者が、家やオフィス以外でノートPCを使用する際にモバイルデータ通信を利用することを想定。
*2「人口カバー率」は、市町村の役場が所在する地点における通信が可能か否かを基にして、算定しています。
※「FOMA」は、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモの登録商標です。
※「Suica」は、東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
※文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。
※製品の仕様および価格等は予告なく変更になる場合があります。製品に関する詳細は、http://www.bmobile.ne.jp/ をご参照ください。

■日本通信について

社名: 日本通信株式会社(大証ヘラクレス市場:9424)
代表者: 三田聖二(代表取締役社長)
資本金: 2,672百万円(2009年2月28日現在)
設立: 1996年5月24日
事業内容:
  • ●日本初のMVNO(Mobile Virtual Network Operator=仮想移動体通信事業者)
  • ●「インフィニティ・ケア」をサービスコンセプトにしたEnd to Endのワイヤレス・データ通信サービスを法人向けに提供
  • ●「どこでもインターネット通信電池」をコンセプトにしたワイヤレス・インターネット接続商品をコンシューマ向けに提供
  • ●ユビキタス社会を実現する「通信電池」を提供、また、新しい通信サービスを各企業と共同で開発

※b-mobile、InfinityCare及び通信電池は日本通信株式会社の登録商標です。文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。