Logo日本通信株式会社
個人のお客さま
個人のお客さま
法人のお客さま
法人のお客さま
企業情報
企業・IR情報

日本通信、停電時でも重要な連絡先とつながる「停電通信」を発売

2012年6月26日

日本通信、停電時でも重要な連絡先とつながる「停電通信」を発売

日本通信株式会社(以下、「日本通信」という)は、本日、停電時でも、ノートPCと組み合わせて重要な連絡先とつながる停電時ネットワーク、「停電通信」を発売することを発表しました。

停電通信パッケージ画像停電通信は、ノートPCのUSBに挿して使うLTE対応のUSB型通信端末に、3ヶ月間500MBまで利用できる通信をセットにした製品です。ノートPCは、バッテリー駆動により停電時でも使用できますが、停電時には固定網ネットワークとWi-Fiは使用できないため、インターネット利用に支障が生じます。しかし、停電通信があれば、家族や友人、重要な仕事の連絡がとれ、webサイトにアクセスして 必要な情報が入手できます。



停電通信は、USB型通信端末と3ヶ月500MBの通信SIMが付属して34,000円(税込)。使い始めて、3ヶ月500MBまでの利用が終わったら、同じく3ヶ月500MBを1,200円、つまり月額換算わずか400円で継続利用できます(停電通信に付属の通信SIM専用の更新料金です)。

夏が近づき、電力不足の問題が喫緊の社会的課題となる中、いつ停電になっても問題ないように、重要な連絡先と繋がる準備を急いでいらっしゃるお客様の為に、停電通信を今週末、出荷致します。日本通信オンラインストア、またはコールセンターでも本日15時より、ご注文をお受けします(電話:03-5767-9111)。

 

※使い始めには専用webサイトでご登録ください。
※3 ヶ月(90日)の間に500MB をお使いいただけます。お客さま専用ページMy b-mobileにて、残データ量
や利用期間等をご確認いただけます。
※製品の詳細に関しては、http://www.bmobile.ne.jp/ でご確認ください。
※表示価格は全て、日本通信のbマーケット税込み価格です。
※Wi-Fiは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。
※文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。
※記載されている内容は、発表日時点の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

■日本通信について
1996年5月24日、日本通信は新たなモバイルサービス事業のあり方を提示するため生まれました。それから13年の歳月を経て、2009年3月、NTTドコモとの相互接続により「MSO事業モデル」を完成させ、それから2年弱でこのモデルの収益性を実証しました。ネットワークを効率的に運用する当社独自の先端技術やリアルタイムの認証技術などによって、ユニークな通信サービスをつくりだし、自社b-mobileブランド製品をお客様に提供するMVNO事業、及びメーカーやインテグレータ他のパートナー企業に提供するMVNE事業を展開しています。

MSO=Mobile Service Operator

[PDFファイルPDF 600KB]