Logo日本通信株式会社
個人のお客さま
個人のお客さま
法人のお客さま
法人のお客さま
企業情報
企業・IR情報

日本通信、MSP事業(モバイルSIer)を加速する体制、第二弾

2015年8月7日

日本通信、MSP事業(モバイルSIer)を加速する体制、第二弾

日本通信株式会社(以下、「当社」という)は、本日付けで、沢昭彦が上席執行役員に昇格し、MSP事業をコーディネートする体制をとりましたので、お知らせいたします。加えて、MSP事業をより多面的かつグローバルに推し進めるため、CFOであった乾牧夫をMSP illuminator (イルミネーター)に任命しました。この体制により、MSP事業を啓蒙し、より積極的に法人パートナーとのMSP事業構築を推進します。この新体制は、6月24日付けの役員人事に次ぐ、MSP事業(モバイルSIer)をグローバルに拡大する取り組みです。

沢昭彦は、松下電器産業株式会社(現 パナソニック株式会社)の通信システム事業部で通信分野を経験した後、スタンフォード大学経営大学院を経て、アップルコンピュータ株式会社(現 Apple Japan)でプロダクトマーケティング部長を務めました。 その後、SAP ジャパン株式会社で社長室長、アドビシステムズ株式会社でマーケティング本部長、トレンドマイクロ株式会社でコンシューマ事業統括本部長を歴任し、2008年3月に当社に入社。営業のバイスプレジデントとして直販営業、代理店営業、パートナー開拓を担当しました。その後、当社の財務部門を統括し、経営資源配分に手腕を発揮したのち、2013年よりインベスター・リレーションズを担当。当社の事業戦略を熟知した沢がその実現をリードしていきます。

新社長の福田尚久は次のように述べています。
「日本通信の本業であるMSP事業には、太田清久をはじめ、執行役員からなる社内のエグゼクティブチームが最優先で取り組んでいます。両名が加わったことで、当社のモバイル・インテグレーターとしての活動が加速してゆくと確信しています。」

■日本通信について
日本通信は1996年5月24日、モバイルが実現する次世代インターネットの可能性と産業構造に目を向け設立されました。当社ビジネスモデルはのちにMVNOと命名され、2009年3月、総務省の携帯市場のオープン政策のもとNTTドコモとの相互接続を実現しました。特許技術のネットワークセキュリティ、ネットワークを効率的に運用する先端技術やリアルタイムの認証技術、さらにはMVNOルールメーカ、世界初のモバイルSIerとしての強い技術ビジョンと高い遂行力によって、ユニークな通信サービスをつくりだしています。東京、米国コロラド州およびジョージア州に拠点を置き、東京証券取引所市場第一部に上場(証券コード:9424)しています。