Logo日本通信株式会社
個人のお客さま
個人のお客さま
法人のお客さま
法人のお客さま
企業情報
企業・IR情報

VAIO Phoneへのアタックがリアルタイムで見える新機能追加

2015年10月7日

VAIO® Phoneへのアタックがリアルタイムで見える新機能追加

日本通信株式会社(以下、「当社」という)は、本日14時より、今、現時点でどのくらいのアタックをスマートフォンが受けているかを、秒単位で見ることができる新機能をMobile IDS (侵入検知システム)に追加しましたので、お知らせいたします。気になる時に、いつでも、どこでも表示アプリを開けると、Mobile IDSが稼働しているVAIO® Phone全体のアタック数から、危険の程度がわかる仕組みです。

Mobile IDSをご利用いただいている皆さまから、実際のアタックの数や種類を知ることで、スマートフォンの利用方法を意識し始めたというフィードバックが届いています。これまでは毎朝5時に1回、直近24時間のアタックの状況を表示していましたが、「今、どうなっているのか気になる」というお客さまの声にお応えし、リアルタイムの集計データを、お手元のVAIO® Phoneでもご覧いただけるようにしました。


ご利用中のデバイスが前日の午前5時から翌午前5時までの24時間に受けたアタック数

9月18日より開始したコミュニティ開発プログラムに参加いただいているユーザの皆さまから、膨大なアタックの情報が集まってきています。このビックデータを分析し、アタックの種類に応じた、より具体的なアタック防止の技術、Mobile IDPS(侵入検知防御システム)を開発してまいります。


【New】Mobile IDSが稼働しているVAIO® Phone全体のアタック数を、1万台あたりに換算し秒単位でリアルタイム表示

 

■日本通信について
日本通信は1996年5月24日、モバイルが実現する次世代インターネットの可能性と産業構造に目を向け設立されました。当社ビジネスモデルはのちにMVNOと命名され、2009年3月、総務省の携帯市場のオープン政策のもとNTTドコモとの相互接続を実現しました。特許技術のネットワークセキュリティ、ネットワークを効率的に運用する先端技術やリアルタイムの認証技術、さらにはMVNOルールメーカ、世界初のモバイルインテグレーターとしての強い技術ビジョンと高い遂行力によって、ユニークな通信サービスをつくりだしています。東京、米国コロラド州およびジョージア州に拠点を置き、東京証券取引所市場第一部に上場(証券コード:9424)しています。

※“VAIO”はソニー株式会社の登録商標です。
※文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。