Logo日本通信株式会社
個人のお客さま
個人のお客さま
法人のお客さま
法人のお客さま
企業情報
企業・IR情報

日本通信の海外事業戦略、さらに前進し、カナダに到着

2015年11月6日

日本通信の海外事業戦略、さらに前進し、カナダに到着

日本通信株式会社(以下、「当社」という)は、当社の特許技術である無線専用線を使用した無線接続サービスをグローバルに拡大する戦略を推進中ですが、カナダでの提供を開始しましたので、お知らせいたします。具体的には、当社の米国子会社が、日本のセブン銀行の北米ATM(現金自動支払機)事業を担うFCTI社(注)向けにセキュアにATMを無線接続するサービスを提供するものです。セブン銀行は海外ATM事業を推進していますが、FCTI社を通じて、世界最大市場である北米でのATMサービス網を拡大しています。彼らの事業戦略上重要な地域に対し、当社をパートナーとして、サービスの実装が開始されました。

当社は2007年よりATM向けにセキュアな無線接続サービスを米国で開始し、日本や他の地域への展開を図っています。特にセキュリティが鍵となる金融決済の分野においては、当社しか提供できないPCI DSSの認定を受けた無線専用線の導入が加速しています。FCTI社は金融機関、ホテル、リゾート、旅行センター、小売店等の多岐にわたる顧客向けにATMを所有し、運用しており、2009年に当社の無線専用線を導入して以来、当社のサービスをご利用いただいています。カナダの5つの州におけるATM向け無線専用線のサービスは2015年10月19日(日本時間では10月20日)に開始しました。当社はカナダにおいて既にヘルスケア分野でも当社サービスを提供しており、この度の無線専用線をカナダで提供開始したことは、北米におけるMSP事業拡大をさらに加速するものです。

(注)FCTI社は米国企業ですが、2012年に日本の金融機関である株式会社セブン銀行が買収しています。

■日本通信について
日本通信は1996年5月24日、モバイルが実現する次世代インターネットの可能性と産業構造に目を向け設立されました。当社ビジネスモデルはのちにMVNOと命名され、2009年3月、総務省の携帯市場のオープン政策のもとNTTドコモとの相互接続を実現しました。特許技術のネットワークセキュリティ、ネットワークを効率的に運用する先端技術やリアルタイムの認証技術、さらにはMVNOルールメーカ、世界初のモバイルインテグレーターとしての強い技術ビジョンと高い遂行力によって、ユニークな通信サービスをつくりだしています。東京、米国コロラド州およびジョージア州に拠点を置き、東京証券取引所市場第一部に上場(証券コード:9424)しています。

※文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。