Logo日本通信株式会社
個人のお客さま
個人のお客さま
法人のお客さま
法人のお客さま
企業情報
企業・IR情報

日本通信、ドコモ網とソフトバンク網での「2SIMルータ」を発表

2015年12月1日

日本通信、ドコモ網とソフトバンク網での「2SIMルータ」を発表

日本通信株式会社(以下、「当社」という)は、本日、当社のデュアルネットワーク戦略を実現する新製品第一弾「2SIMルータ(トゥー・シム・ルータ)」を発売しました。2SIMルータは、ドコモ網を主回線、ソフトバンク網を副回線として使うことで、主回線に何らかの障害が発生した場合、副回線に切り替わって通信を継続します。単独回線での通信に比較して飛躍的に信頼性を高めた通信サービスです。

IoT(モノのインターネット)やM2M用途の無線通信サービスのニーズが急速に高まる中、当社がセキュリティの先進国である米国においてATM向けに実績を誇る無線専用線(当社の特許技術を利用)が多数の引き合いを受けています。センサーネットワークとして現場の情報を収集することが主眼だったM2M利用から、収集した情報、いわゆるビッグデータを活用して現場の機器類をコントロールする利用に移りつつあります。モノを確実にコントロールする必要性が高まるほど、通信の信頼性への需要も高まるのです。

以上のような背景から、セキュアかつ信頼できる無線通信サービスの要求を満たすデュアルネットワークの2SIMルータを発売しました。

2SIMルータは、基本的にはエンド・トゥ・エンドの通信サービスとして疎通確認を行いながら動作し、所定の疎通確認が取れない場合には副回線に自動的に切り替わり、予め設定してある切替ロジックに基づき主回線に復帰します。主回線から副回線、及びその逆の切替は、使用目的に即して様々なロジックをリモートでプログラムできる柔軟性を備えています。

また、IoT利用にあたっては、主体的利用者が自ら、あるいはシステムインテグレータを通してサービス全体のシステムを構築するケースが大半になっています。そのため、2SIMルータが司っている通信状況をAPIとして提供してほしいとのニーズが高く、当社はそのニーズに対しても積極的にお応えしていきます。

今日、日本においてはISDN回線が約350万回線、法人向け専用線が約140万回線稼働しています。これらの合計490万回線が2SIMルータの当初のターゲットになりますが、昨今のIoTへの様々な業界の取り組みを受け、既存の490万回線に加えて、はるかに大きな新規需要を見込んでおり、当社はパートナー企業と共に積極的な市場開拓を進めていきます。

デュアルネットワークサービスの想定価格は主回線及び副回線を、無線専用線として使う場合や、データ量等に応じる場合他、柔軟な料金体系としてパートナー企業を通してご提供します。

2SIMルータの発売にあたり、当社代表取締役社長 福田尚久は、次のように語っています。
「企業のサイバーセキュリティへの関心、IoTへの取り組みという二つの要素が、当社が米国で実績のある無線専用線へのニーズを急速に高めています。無線専用線に2SIMルータを合わせることで、Secure & Reliable(セキュアで信頼できる)なソリューションを提供できることを嬉しく思います。来春には、「2Moduleルータ(トゥー・モジュール・ルータ)」、これは2つの通信機を内蔵し、99.999%の稼働率を達成する新製品ですが、これを投入することで、お客様のニーズに合わせたデュアル・ネットワーク・ソリューションをお選びいただけるようになります。ご期待ください。」


■日本通信について
日本通信は1996年5月24日、モバイルが実現する次世代インターネットの可能性と産業構造に目を向け設立されました。当社ビジネスモデルはのちにMVNOと命名され、2009年3月、総務省の携帯市場のオープン政策のもとNTTドコモとの相互接続を実現しました。特許技術のネットワークセキュリティ、ネットワークを効率的に運用する先端技術やリアルタイムの認証技術、さらにはMVNOルールメーカ、世界初のモバイルインテグレータとしての強い技術ビジョンと高い遂行力によって、ユニークな通信サービスをつくりだしています。東京、米国コロラド州およびジョージア州に拠点を置き、東京証券取引所市場第一部に上場(証券コード:9424)しています。