Logo日本通信株式会社
個人のお客さま
個人のお客さま
法人のお客さま
法人のお客さま
企業情報
企業・IR情報

河川の水位監視 自然災害モニタリングシステム

業種
官公庁・自治体官公庁
自治体
対象サービス
河川の水位監視 自然災害モニタリングシステム

回線ダウンが想定される災害時に備えたデュアルネットワークの冗長化構成が、低コストで実現できます。

  • 利用ソリューション
  • ISDN移行
  • モバイル専用線
  • IoT向けSIMプラン
  • M2M向け構築コンサルティング
  • マルチネットワーク

課題・目的・背景

河川水位の監視に、エリアカバレッジがよく、高品質のモバイルネットワークを利用したい 回線ダウンが想定される災害時に備えて、デュアルネットワークの冗長化構成を実現したい 平常時のデータ量は非常に少ないことから、それに見合うよう、固定費を抑えたい

ご提案・活用のメリット

2SIMルーター装置を利用することで、1つの契約で、冗長化構成が実現可能 全国エリアカバレッジのLTEの高速通信 アップリンク限定プラン等、用途を絞ることで、通信費削減

導入ネットワーク例

豪雨・台風や地震による、津波や河川の氾濫による洪水の影響を未然に防ぐための水位監視には、エリアカバレッジが高く、頑丈なモバイルネットワークが適している。

日本通信であれば、災害時の回線網のダウンに備えて、デュアル回線による冗長化が可能である。通常、デュアル回線の冗長化をしようと思えば、2回線分の固定費の支払が必要となるが、日本通信であればそのようなことはない。監視の際にやり取りするデータ量がわずかであれば、わずかな通信費で冗長化構成が実現可能だ。

 モバイルISDN(ISDNの無線網への移行)

M2Mのために構築していたISDNのネットワークは2020年をもって廃止予定とされています。ISDNと接続していた既存の設備はそのままに、IoTに適した無線ネットワークへの移行が可能です。

詳しく見る

 IoT/M2M向けSIMプラン

IoT/M2Mのサービスは高速な通信よりも大量のデバイス・センサーからの少量のデータを数多く扱うことが重要視されます。速度が求められない、少量データ通信向けのIoT/M2M専用プランを御社サービスに合わせて提案します。

詳しく見る

 マルチネットワーク

IoTで求められるネットワーク条件は障害に強いこと。モバイルネットワークを多重化することにより、1社のキャリアでは出来ない安定性・堅牢性を確保できます。

詳しく見る

日本通信だからできること

ページを見る

お問い合わせ

問い合わせる

IoT/M2Mソリューション 類似の事例

 ワイヤレス監視カメラソリューション

アップリンクの通信に限定することで、監視カメラの通信回線が安価で調達可能。他システムと独立したネットワークが手軽に実現可能です。

詳しく見る

 農園・農場モニタリング 収穫量自動監視システム

農園・農場の作物等の収穫量を遠隔監視し、サーバーや作業者のスマートフォン・携帯電話に自動通知。ドコモの3G/LTE網サービスエリア内であればどこでも設置可能です。

詳しく見る

IoTやM2Mに関してご要望がある企業様に

低コストでネットワーク構築をおこなうには・・・

IoT・M2Mに興味はあるけど、具体的な対応がわからない・・・

専用線をモバイルにしてもセキュリティは担保されるのか、閉域網は構築できるのかわからない・・・

特許技術「モバイル専用線」を核としたモバイル向けセキュリティ対策で様々なサービスに対してセキュアな環境を構築します

IoT/M2Mソリューション 詳細へ