Logo日本通信株式会社
個人のお客さま
個人のお客さま
法人のお客さま
法人のお客さま
企業情報
企業・IR情報

金融機関 ATM 無線化ソリューション

業種
金融
対象サービス
金融機関 ATM 無線化ソリューション

現在専用線(メイン)とISDN(サブ)で利用しているATMを、2つのキャリアを利用する2SIMルータで完全無線化します。

  • 利用ソリューション
  • モバイル専用線
  • PCI DSS準拠
  • ATM向けネットワーク
  • マルチネットワーク

課題・目的・背景

専用線+ISDNはコスト高 ISDNのリプレースが必要(2025年までに) デジタルサイネージのコンテンツが どんどん大きくなる

ご提案・活用のメリット

2キャリアを常時接続することで有線同等の切替速度を提供 PCI DSSの認証 ATAとSIPサーバ提供することでインターホンバックボーン接続を簡素化 3G/LTEによりコンテンツ配信を高速化 QoSやデータの暗号化提供することでATM事業者の負担を低減

導入ネットワーク例

最も高いセキュリティ基準が要求されるネットワークのひとつが、金融機関のATM(現金自動預入機)である。国内の金融機関のATMはメイン回線である専用線とバックアップ回線であるISDN回線で構成されているのが一般的であるが、2025年までにISDNのサービスが終了することに伴い、金融機関がリプレイスを余儀なくされている。

日本通信の米国子会社は、2007年より米国で銀行向けATMの無線回線を提供している。米国では、店舗や空港の他、展示会やスポーツイベントのような屋外や仮設会場にもATMが設置されるため、予てから、機器を移動させやすく設置場所を選ばない無線回線のニーズが高い状況にあった。中でも、PCI DSS認定(クレジットカード情報および取引情報を保護するためのセキュリティ基準)のモバイル専用線は日本通信グループにしかできないものであり、米国ATM市場でトップを誇る。また、日本のセブン銀行の北米ATM事業を担うFCTI社(カナダ)への導入実績もある。

日本市場においては、従来無線回線はセキュリティ面で固定回線に劣ると考えられ、無線回線におけるニーズが高くなかったのであるが、昨今の無線技術とデバイスの進化により、ここにきてニーズが高まってきた。日本通信であれば、米国・カナダ市場で十二分に培ったノウハウで、高セキュリティなモバイル専用線が敷設可能だ。2SIMルーターを使用すれば、ドコモ回線とソフトバンク回線の冗長化構成が可能となる。

 ATM向けネットワーク(高稼働モバイルネットワーク)

アメリカのATMで実績のあるATM向けネットワークソリューション。シビアな条件が要求される、高セキュア、高稼働率のネットワークを高い水準かつモバイルで実現しています。

詳しく見る

 マルチネットワーク

IoTで求められるネットワーク条件は障害に強いこと。モバイルネットワークを多重化することにより、1社のキャリアでは出来ない安定性・堅牢性を確保できます。

詳しく見る

日本通信だからできること

ページを見る

お問い合わせ

問い合わせる

セキュアモバイルソリューション 類似の事例

 スマホ決済にも最適 高セキュリティ無線

一社で専用線接続が難しい小規模事業者にも、日本通信のデータセンターを介してセキュアなモバイル専用線の利用が可能です。

詳しく見る

 店舗売上集計 クラウドソリューション

店舗のPOS端末用に、専用線が簡単に導入できます。ISDNのリプレイスとして、無線でも高セキュリティな専用線の敷設が可能です。

詳しく見る

モバイル・スマートフォンのセキュリティに関してご要望がある企業様に

モバイルのセキュリティに不安を感じている・・・

社員のモバイル端末にセキュリティ対策をしたいけれど、具体的な対応がわからない・・・

専用線をモバイルにしてもセキュリティは担保されるのか、閉域網は構築できるのかわからない・・・

特許技術「モバイル専用線」を核としたモバイル向けセキュリティ対策で様々なサービスに対してセキュアな環境を構築します

セキュリティソリューション 詳細へ