Logo日本通信株式会社
個人のお客さま
個人のお客さま
法人のお客さま
法人のお客さま
企業情報
企業・IR情報

クラウド型 電子カルテシステム導入

業種
医療
対象サービス
クラウド型 電子カルテシステム導入

小規模の病院のSaaS型電子カルテシステムの接続回線として、日本通信のモバイル専用線であれば、VPNよりもセキュリティ面、コスト面で優れています。

  • 利用ソリューション
  • アクセス制限
  • 営業端末タブレット化支援
  • WiFi・Bluetoothオフ機能

課題・目的・背景

患者の大切な個人情報を扱うため、セキュリティには万全を期したい 低コストで、電子カルテの導入を進めたい

ご提案・活用のメリット

日本通信のデータセンターを介して、セキュアなモバイル専用線を提供 日本通信なら、1台から高セキュリティのモバイル専用線が敷設可能

導入ネットワーク例

小規模の病院の電子カルテ導入には、大手システムベンダーによるSaaS型のサービスを利用するという選択肢がある。電子カルテのサーバーは、ベンダーのデータセンターに設置されたサーバーを使用することになるので、サーバーの運用要員、設置スペースなどが不要となる。

このようなSaaS型システムは、小規模な病院にとって導入障壁が低く、非常に利便性が高い。しかし、データセンターへの接続に一般的に利用されるVPNは、コネクションの確立までの間のセキュリティに問題がある。さらにはコスト面で負担が大きい。一方、病院側も患者個人の大切な情報を扱うだけに、安易なコスト削減ができないのが現実である。日本通信のモバイル専用線であれば、低コストで、専用線が敷設可能である。

 アクセス制限

限定された接続先にしたり、接続元のIPアドレスを限定することにより、安全なアクセスネットワークを構築します。許可されないネットワークからの不正なアクセスを防止します。

詳しく見る

 営業端末タブレット化支援

営業端末、検索端末、決済端末をタブレットに置き換え、料金を抑えたシステムで再構築。タブレットからのアクセスをセキュアにする事により、かさばる書類を持ち運ぶ必要がありません。

詳しく見る

日本通信だからできること

ページを見る

お問い合わせ

問い合わせる

セキュアモバイルソリューション 類似の事例

 電子商取引対応 請求書電子発行ソリューション

モバイルIDS (侵入検知システム)搭載の専用端末によるテザリングを利用することで、既存の端末を利用して請求書の電子化が可能です。

詳しく見る

 金融機関 ATM無線化ソリューション

現在専用線(メイン)とISDN(サブ)で利用しているATMを、2つのキャリアを同時利用する2SIMルータで完全無線化します。

詳しく見る

モバイル・スマートフォンのセキュリティに関してご要望がある企業様に

モバイルのセキュリティに不安を感じている・・・

社員のモバイル端末にセキュリティ対策をしたいけれど、具体的な対応がわからない・・・

専用線をモバイルにしてもセキュリティは担保されるのか、閉域網は構築できるのかわからない・・・

特許技術「モバイル専用線」を核としたモバイル向けセキュリティ対策で様々なサービスに対してセキュアな環境を構築します

セキュリティソリューション 詳細へ