Logo日本通信株式会社
個人のお客さま
個人のお客さま
法人のお客さま
法人のお客さま
企業情報
企業・IR情報

電子商取引対応 請求書電子発行ソリューション

業種
全業界
対象サービス
電子商取引対応 請求書電子発行ソリューション

モバイルIDS (侵入検知システム)搭載の専用端末によるテザリングを利用することで、既存の端末を利用して請求書の電子化が可能です。

  • 利用ソリューション
  • モバイル専用線
  • モバイルIDS (侵入検知システム)
  • WiFi・Bluetoothオフ機能

課題・目的・背景

請求書原本を電子化し、取引先と取引データを一元化したい 電子帳票保存法に対応し、紙やPDFによる請求書の管理や保存の手間を省きたい 既存の通信端末をそのまま使いたい

ご提案・活用のメリット

端末-サーバ間1対1通信による万全のセキュリティ モバイル専用線によるインターネットに出ないセキュリティ確保 通信端末のVAIO PhoneにモバイルIDS (侵入検知システム)を実装 MDMでVAIO PhoneのWiFi機能を禁止 PCI DSS準拠の信頼性

導入ネットワーク例

電子商取引プラットフォーム提供会社が、中小企業向けに電子請求書発行システムを提供する場合に、専用線の敷設が課題になることが多い。小規模事業者が、専用端末のために専用線を敷設するのはコスト負担が大きいのだ。

日本通信のモバイル専用線とセキュア端末VAIO Phoneを用いれば、低価格で、現在使用しているPCをそのまま利用して、専用線を敷設することができる。モバイル専用線は、インターネットには一切出ない、 PCI DSS準拠の無線による専用線である。 VAIO Phoneには不正侵入防止技術が搭載されているため、専用線接続からインターネット接続に切り替えた際も、不正アクセスを防御することができる。

小規模事業者にとって、システム導入のボトルネックを解消することで、電子請求書発行システムの導入の契機となる。

 モバイル専用線

通信する端末から、インターネットに出ない安全なモバイルネットワークに接続し、日本通信のネットワークを介してお客様のネットワークに閉域接続します。

詳しく見る

 モバイルIDS (侵入検知システム)

インターネットにつながる端末に対し、外部からの攻撃を検知するしくみを提供しています。ファームウェアレベルで対応することにより、セキュリティを確保します。

詳しく見る

日本通信だからできること

ページを見る

お問い合わせ

問い合わせる

セキュアモバイルソリューション 類似の事例

 店舗売上集計 クラウドソリューション

店舗のPOS端末用に、専用線が簡単に導入できます。ISDNのリプレイスとして、無線でも高セキュリティな専用線の敷設が可能です。

詳しく見る

 顧客・訪問者動向 調査・解析ソリューション

アップリンクの通信に限定すること低コストで実現可能。利用ベースで課金される、従量課金タイプもご選択いただけます。

詳しく見る

モバイル・スマートフォンのセキュリティに関してご要望がある企業様に

モバイルのセキュリティに不安を感じている・・・

社員のモバイル端末にセキュリティ対策をしたいけれど、具体的な対応がわからない・・・

専用線をモバイルにしてもセキュリティは担保されるのか、閉域網は構築できるのかわからない・・・

特許技術「モバイル専用線」を核としたモバイル向けセキュリティ対策で様々なサービスに対してセキュアな環境を構築します

セキュリティソリューション 詳細へ