Logo日本通信株式会社
個人のお客さま
個人のお客さま
法人のお客さま
法人のお客さま
企業情報
企業・IR情報

農園・農場モニタリング 収穫量自動監視システム

業種
農業
対象サービス
農園・農場モニタリング 収穫量自動監視システム

ハチミツの収穫量を遠隔監視し、収穫時を自動通知。ドコモの3G/LTE網サービスエリア内であればどこでも設置可能です。

  • 利用ソリューション
  • IoT向けSIMプラン
  • M2M向け構築コンサルティング
  • モバイル専用線

課題・目的・背景

作業員の高齢化に伴い、監視の手間と労力を削減したい 収穫箱の設置場所が分散しており、規模も大きくないが、監視システムを低コストで簡単に導入したい

ご提案・活用のメリット

全国エリアカバレッジのLTEの高速通信 日本通信なら、1台から高セキュリティのモバイル専用線が敷設可能

導入ネットワーク例

ハチミツ農園にとって、ハチミツ収穫量の確認作業の負担は大きい。収穫箱の収穫率は、箱を開けてみないとわからないため、作業員は防護服に着替え、ハチが集る重い重箱を二人かがりで持ち上げて、巣からハチを追い払いながら箱を取りかえる、という手間がかかる作業が必要となる。

そこで検討に挙がっているのが、ハチミツ収穫量の自動モニタリングシステムの導入。当システムは、ハチミツ収穫箱に重量センサーを設置し、遠隔で収穫量をモニタリングできるというもの。収穫箱いっぱいのサインが上がれば交換に行けばよく、無駄がない。また、収穫箱の交換順番も考えて確認に回ることができ、収穫箱が分散して設置されている農場の確認作業の効率は格段にアップする。

日本通信のモバイル回線は、エリアカバレッジ最大のドコモ回線を利用しているため、山間部でも電波が入りやすい。1台から対応可能なので、小規模な農園にも適している。

 IoT/M2M向けSIMプラン

IoT/M2Mのサービスは高速な通信よりも大量のデバイス・センサーからの少量のデータを数多く扱うことが重要視されます。速度が求められない、少量データ通信向けのIoT/M2M専用プランを御社サービスに合わせて提案します。

詳しく見る

 M2M向け構築コンサルティング(監視カメラ等)

監視カメラ等、24時間動き続ける機械の通信ネットワークは日々進化しています。モバイルにすると、場所の制限がなくなるので、あらゆる機械やセンサーへと適用場面が広がります。

詳しく見る

日本通信だからできること

ページを見る

お問い合わせ

問い合わせる

IoT/M2Mソリューション 類似の事例

 運送業向け 配車管理システム

GPSロガ―を使用することで、低コストで配車・車両管理システムが導入できます。

詳しく見る

 自動販売機 M2M 売上・在庫管理システム

JVMA規格、VCCS規格に対応したあらゆる自動販売機にモバイル専用線+固定グローバルIPアドレスで、固定専用線同様の高セキュリティ通信機能をもたせることができます。

詳しく見る

IoTやM2Mに関してご要望がある企業様に

低コストでネットワーク構築をおこなうには・・・

IoT・M2Mに興味はあるけど、具体的な対応がわからない・・・

専用線をモバイルにしてもセキュリティは担保されるのか、閉域網は構築できるのかわからない・・・

特許技術「モバイル専用線」を核としたモバイル向けセキュリティ対策で様々なサービスに対してセキュアな環境を構築します

IoT/M2Mソリューション 詳細へ